HOME > エルクレスト美通信

2021年4月号

バックナンバー

INDEX

  ビオチンで美肌・美髪・美爪づくりをしましょう
  本館 店長 小野恵子
  糖化について
  新館 カウンセラー 佐和田典子

from本館

「ビオチンで美肌・美髪・美爪づくりをしましょう」

本館 店長   小野恵子

エルクレスト 代々木公園店 本館

春になり、日差しが暖かく紫外線が気になる季節になりましたね。

冬の乾燥や春の紫外線の影響で、髪の毛がパサつく、痛む、抜け毛が気になる、爪がもろい、シミシワたるみのエイジングケアには、ビオチンがオススメです。

ビオチンは水溶性のビタミンで、ビタミンB7、またはビタミンHとも呼ばれます。
酵素の働きを助ける補酵素として機能し、細胞の成長に必要です。
通常の食品には微量しか存在しませんが、ローヤルゼリー、醸造用酵母、トマト、にんじん、ラズベリー、イチゴ、クルミには豊富に含まれています。

ビオチンは毛髪や爪、皮膚の代謝を促進して健康に保ち、毛髪、爪、皮膚の強化に有効で、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

食事で摂るのが難しい方には、サプリメントでの摂取がオススメです。ビタミンAや抗酸化ビタミンと合わせて摂るとより効果的です。

白髪や抜け毛、髪のダメージが気になる方や肌荒れが気になる方、爪がもろい方は、ぜひビオチンの摂取をして、美髪・美肌・美爪づくりをしましょう。

PAGE TOPPAGE TOP

from新館

「糖化について」

新館 カウンセラー   佐和田典子

エルクレスト 代々木公園店 新館

エルクレストでは健康な身体を維持して頂くために、低糖食、高タンパクのお食事をおすすめさせて頂いております。

美容と健康に密接のある「糖化」は最近一番の老化現象の原因とも言われています。

糖化とは糖質をとることで起こる現象です、
糖質が体内に取りこまれると、エネルギー源とにり、燃料として使われます。

それが糖質を取りすぎてしまうことにより、エネルギーとして使いきれない糖質が糖化現象=AGEsという悪玉物質を作ってしまいます。
これを糖化とよび、肌が糖化してしまうとコラーゲンが破壊され、たるみやシワに。

髪の毛が糖化してしまうと、ハリやツヤが失われ血管が糖化しすると心筋梗塞や脳卒中、最近だと認知症にもつながると言われています。

糖化を防ぐこととして、食後1時間後の一番血糖値があがるといわれている時間に運動をすること。特に、ウォーキングが一番いいとされています。

もう一つは、低糖食の食生活ですが、糖質とというと、チョコレートやケーキなどの甘いものを思い浮かべる人も多いいかと思いますが、

食パンや白米にも多くの糖質が含まれ、GI値の高い食品と言われています。
そのほか、ビタミンを摂るつもりで食べるフルーツも果糖になりますので、

摂りすぎない事や時間帯にも気を遣いたいですね(^^)

PAGE TOPPAGE TOP

→ 2020年4月

  春の毛穴ダメージ対策
  本館 店長 小野恵子
  ガン予防に野菜生活!
  新館 カウンセラー 小松崎薫

PAGE TOPPAGE TOP