HOME > エルクレスト美通信

2016年9月号

バックナンバー

INDEX

  夏の疲れを残さない為にしておきたい事
  美顔本館 カウンセラー 鈴浦雅子
  1週間で美脚に!簡単脚痩せダイエット
  ボディ館 カウンセラー 小松崎薫

from美顔本館

「夏の疲れを残さない為にしておきたい事」

美顔本館 カウンセラー   鈴浦雅子

鈴浦雅子

朝、起きた時からなんとなくダルい、昨日の疲れが抜けない、食欲も無い。まさに夏バテの症状。もう9月なのに一体いつまで続くの・・・?
夏の疲れが取れないまま、むしろ一気に疲れがでるのが、今の時期なのです。

「夏の疲れを取る」と一般に言いますが、この「夏の疲れ」とは一体どういう事なのか・・・
実は「夏バテ」と同様の意味なのだそうです。
夏の猛暑にがんばった体も、暑さのストレスに耐えることができなくて、夏の終わり頃になり「夏バテ」になってしまうのだそうです。
ズバリ「夏の疲れを取る方法」は「夏バテ」の対処方法と同様ということになります。

「夏バテ」の原因は大きく5つあります。

1、暑くて眠れないことで睡眠不足になっている
2、エアコンの効いた部屋と外の気温差が激しく体がついていけていない
3、冷たい食べ物や飲み物を摂り過ぎている
4、食欲が落ちて思うように食べられていない
5、体を冷やしすぎてしまう服装である

このような理由から体に疲れが抜けきらないまま朝を迎えてしまい、これが積み重なって、疲労がたまっていきます。
それでも仕事にはいかなければならないですし、日々過ごしていかなければなりません。上手に疲労を回復して、毎日快適に過ごしていきたいですね。
夏の疲れを回復するために、一つ一つ振り返りながら対策方法を確認していきたいと思います。

1、睡眠不足

眠っているときというのは人の体の筋肉も緊張状態から解放されて緩んでいます。このときに筋肉にたまった乳酸はうまく流れ出してくれるので、疲労が回復されるというわけです。
しかし、睡眠が十分にできていないと、筋肉が休まらず、乳酸が筋肉内に溜まったままになってしまいますので、できるだけしっかりと睡眠をとることを心がけましょう。
睡眠時の部屋の温度が暑すぎたり、寒すぎたりすると良い眠りはとれません。少しひんやりしているかな?と思う程度の温度設定にしてエアコンをかけ、2~3時間タイマーをかけるとよいでしょう。
眠りはじめて2時間くらいすると体の疲労を回復させる「成長ホルモン」の分泌が多くなります。このホルモンがしっかり分泌されるとさらに回復しやすくなるので、眠り始めの3~4時間は非常に大切です。


2、エアコンの部屋と外の気温差

人の体は、部屋の中と外の気温差が7度以上あると、自律神経のバランスが崩れてしまいます。体が熱い時に働いているのは自律神経の中の副交感神経で血管を広げて汗をだし、体温を下げるという働きをします。
体が冷えているときは、血管を縮めて体温が逃げるのを防ぐ働きをするのが交感神経です。この働きがうまくいかなくなると、眠れない、体がだるい、肩が凝る、下痢になるなどの症状がでてきてしまうのです。
あまり部屋の温度を下げ過ぎず、外気との温度差をひろげない事が夏をうまく乗り切る上で大切です。


3、冷たい食べ物や飲み物を摂取しすぎている

体にたまった乳酸を早く外へ排出するためには、体を温めて血液の流れをスムーズにする事が有効なのですが、暑い夏は冷たいビールやジュース、氷たっぷりの飲み物を飲んでしまいがちです。
冷たいものは暑い夏にはとてもおいしく感じますが、体を冷やす為に血液の循環は悪化し、疲労物質の乳酸を排出させにくくする為注意が必要です。
冷たいものは控えめにして、常温か、少し温かい飲み物を摂るのが疲労回復には効果的です。


4、食欲がない

夏に食欲がなくなってしまう原因の一つとして挙げられるのが、冷たいものの摂りすぎで、胃腸の機能が弱くなって、食欲がわかないということです。しかし食欲がない時にでも、酸味のある食べ物を摂るようにすると食欲がわいてきます。
実はお酢を使った料理には食欲をそそるとともに、疲労を回復してくれる、クエン酸・酢酸の成分が含まれています。
これらは、血液にたまった疲労物質の乳酸を分解して体の外に排出してくれる働きもあり、更に乳酸が作られることを防止してくれるという嬉しい効果もあるので、積極的にお酢を取り入れた料理を食べて上手に暑さを乗り切りましょう。


5、涼しめの服

露出度の高い服はエアコンの風が直接当たり、逆に体を冷やす体が冷えすぎると、血液循環は悪化します。特に肩や首元を冷やし過ぎると風邪を引いたり腹痛の原因にもなりかねません。
暑い日でもできるだけ肩を冷やさない服装で過ごす事も夏に疲れをためないで乗り切る大事なポイントです。
肩を出す服装を着る場合は、羽織る物を持っていき、冷房が直接当たらないようにしましょう。
上記であげたような事を意識し実践していく事で、疲労具合はだいぶ変わってきます。うまく生活に取り入れて、残暑を乗り切り元気に過ごしましょう。

PAGE TOPPAGE TOP

fromボディ館

「1週間で美脚に!簡単脚痩せダイエット」

ボディ館 カウンセラー   小松崎薫

小松崎薫

美脚の一番のポイントは‘メリハリ’を作ることです。
気づいたら脚が太くなっていた…
そもそも脚を太くする原因は
①冷え
②筋力不足
です。

そこで今回は代謝アップのストレッチをお伝え致します。

《ふくらはぎに効くストレッチ》
階段のように段になっているところに立ち段の端に土踏まずが来るようにして脚をまっすぐに立ちます。
そしてそのままつま先立ち20秒。10秒休む。これを3回。
次に同じ姿勢でかかとをそろえて、つま先だけ開きます。このままつま先立ち20秒。10秒休む。これを3回。
最後につま先をそろえかかとを開いている姿勢で同じように3セット。

《太ももに効くストレッチ》
お風呂に入る前ストレッチ★
脚をクロスして立ちます。その格好のまま前屈をしていきます。
太ももが伸びているのがよく分かるはずです。
一番曲がるところまでいって20秒キープ。
これを左右の脚で3回ずつ。

毎日続けることが大事です。
今回ご紹介したストレッチは硬くなった部位をほぐすので体の疲れもとれ代謝アップします。ぜひ寝る前の習慣にしてみてはいかがでしょうか?

PAGE TOPPAGE TOP

→ 2016年9月

  夏の疲れを残さない為にしておきたい事
  美顔本館 カウンセラー 鈴浦雅子
  1週間で美脚に!簡単脚痩せダイエット
  ボディ館 カウンセラー 小松崎薫
  新館

PAGE TOPPAGE TOP