HOME > エルクレスト美通信

2017年4月号

バックナンバー

INDEX

  腸内フローラを育み キレイな心と身体を手に入れましょう
  美顔本館 カウンセラー 鈴浦雅子
  美しさは思い込みから始まる
  ボディ館 カウンセラー 武藤智美

from美顔本館

「腸内フローラを育み キレイな心と身体を手に入れましょう」

美顔本館 カウンセラー   鈴浦雅子

鈴浦雅子

腸の中に無数に存在する微生物は腸内細菌と言われており、その数は実に100兆以上とも言われ、重さでは何と1kg〜1.5kgにもなるそうです。


種類も多種多用で100種類以上もあり、これらの腸内細菌が腸の中で広がっている様子が花畑(フローラ)のように見える事から「腸内フローラ」と呼ばれています。


研究が進み、腸の役割が栄養の吸収だけでは無く、免疫や美肌、精神状態にも大きく影響している事が分かり、腸内環境を作っている「腸内フローラ」がにわかに注目を集めているのです。


腸内の菌は主に「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つのグループに分けられると言います。


善玉菌2: 悪玉菌1: 日和見菌7の比率で存在しているのが理想的であると言われていますが、このうちの人体に有害な働きをする「悪玉菌」が優勢になると、肌荒れや老化など、身体に悪影響を及ぼし、様々な病気のリスクを高めてしまいます。


腸内フローラを改善させるには「善玉菌」を増やし、腸内環境を整えてあげる事が大切です。


「善玉菌」を増やし、腸内環境を整えるには、ズバリ善玉菌そのものを含む食品を摂取したり、善玉菌をを増やす働きをする成分を摂取する事が重要です。


〜善玉菌そのものの食品〜
乳酸菌、ビフィズス菌(ヨーグルト)


〜善玉菌を含む食品〜
ヨーグルト、キムチ、ぬか漬け、チーズなどの発酵食品


〜善玉菌のエサになる食品〜
オリゴ糖を含む食品
タマネギ、ゴボウ、バナナ、はちつ、とうもろこし、大豆、味噌等


又、腸内フローラを整える為には「善玉菌」を増やし、同時に「悪玉菌」の増殖を抑える事も大事になってきます。


悪玉菌が増える環境とは、タンパク質の摂り過ぎや、揚げ物、スナック菓子など加工食品に含まれるトランス脂肪酸は悪玉菌が好むエサになってしまうので、これらも摂り過ぎないよう注意しましょう。


食生活を少し気にするだけで腸内環境は大きく変わります。


腸内環境を整えて、腸内フローラを育み、健康で美しい心と身体をすくすく育てていきましょう。

PAGE TOPPAGE TOP

fromボディ館

「美しさは思い込みから始まる」

ボディ館 カウンセラー   武藤智美

武藤智美

皆さまプラシーボ効果というものをご存知でしょうか?

インターネット等で調べてみると

実際には薬としての効果のない偽薬を、本物の薬として服用すると治ることがある。身体に潜む自然治癒力を引き出しているのかもしれず、こういったことをプラシーボ効果と呼ぶ。またの名をプラセボ効果、偽薬効果とも。

この効果、医療の面だけでなく、実は私たちの美しさを保つ面でも大きく関わっているんです☆

なんと!脳は実際の事と、思い込みの事とが、上手く判断ができない部分なんですね(^^)

例えば体型で悩んでいる方がいたとして

食べたから太る…、見た目が嫌い…、何をしても自分は痩せない…

そう考えていると、脳はその思い込みを実際と区別ができない為、自然とその通りの体型に近づいていきます。

恐ろしいですね…!!

なので!!

その悩んでいる時間を、自分の理想の体型、人物、形を想像してみます。そうなると強く願うこと☆

すると、今そうでなくてもその理想の体型にどんどん近づいていくという結果が♪

脳の不思議☆

思うだけで理想に近づくなら素晴らしいですよね☆

いつでもどこでもできます♪

人は思った未来しか手に入れられません☆

ちなみにプラシーボ(=Placebo)の語源はラテン語の『I shallplease』(=私は喜ばせるでしょう)

日々、自分を褒めて喜ばせてあげる。とっても大事ですよね!

まずは思い込みから、美しさを手に入れてまいりましょう♪

PAGE TOPPAGE TOP

→ 2016年9月

  夏の疲れを残さない為にしておきたい事
  美顔本館 カウンセラー 鈴浦雅子
  1週間で美脚に!簡単脚痩せダイエット
  ボディ館 カウンセラー 小松崎薫
  新館

PAGE TOPPAGE TOP