HOME > エルクレスト美通信

2014年4月号

バックナンバー

INDEX

  春の敏感肌に洗顔から見直しを♪
  美顔本館 カウンセラー 成松由香
  免疫力を高めて綺麗で健康的な身体へ
  ボディ館 カウンセラー 東館基子
  基礎体温で体のリズムを知ろう
  新館 カウンセラー 長屋かほり

from美顔本館

「春の敏感肌に洗顔から見直しを♪」

美顔本館 カウンセラー   成松由香

成松由香

少しずつ寒い冬からポカポカの暖かい春へ変わってきて、
ウキウキ気分で出掛ける機会も増えるのではないでしょうか♪

ところが気持ちは盛り上がっていても、お肌は不調になりがちな時期です。

特に乾燥が気になる寒い冬をのりきった疲れたお肌に、
春は昼夜の気温差が激しく、紫外線も容赦なくお肌を攻撃してきます。
お肌の状態が不安定になるなか、更に花粉や黄砂、ホコリなど、
バリア機能が低下している肌は敏感に反応してしまいがちです。

また、新しい環境が始まる方も多い時期ですので、
心身の疲れやストレス、内面の原因からもお肌のコンディションが壊れる原因が満載です。

そんな時だからこそ、毎日のホームケアを見直していきましょう。

スキンケアの中でも、洗顔は見落としがちですが、
毎日おこなう洗顔が肌のコンディションを左右します。

せっかく良い洗顔を使用していても、肌質に合わない洗顔で、
トラブルをおこしやすくする事もあります。

【クリームタイプの洗顔料】

乾燥肌・敏感肌から普通肌の方におすすめ
洗い上がりもしっとりし、
乾燥が気になる方でも、洗顔後すぐにカサカサしたりツッパリを感じる事なくお使い頂けます。

【泡立てタイプの洗顔料】

一般肌から脂性肌の方におすすめ
よく泡立てて頂き、手がお顔に触れないように、優しく包み込むように洗ってください。
クリームタイプより、さっぱりとした洗い上がりです。

肌質にあった洗顔料を選んだ後は、洗顔方法の見直しを♪

せっかく肌質にあったものを選んでいても、間違った洗顔方法では、
お肌は悪化するばかりです。

◆刺激を与えず、優しく洗う

◆水またはぬるま湯で洗う

◆洗い残しがない様に、十分に洗い流す

最後に、洗顔料を手にとった後、頬から洗いがちですが、
油分の多いTゾーンから洗ってくださいね。

洗顔後はスキンケアで、しっかりビタミンを補給し、
どんな季節にも負けないお肌作りをしていきましょう!!!

PAGE TOPPAGE TOP

fromボディ館

「免疫力を高めて綺麗で健康的な身体へ」

ボディ館 カウンセラー   東館基子

東館基子

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
だんだんと暖かくなってきて、もう春ですね^ ^♡
この時期は、花粉量が多くてお困りの方も多いのではないでしょうか?
実は私もそのうちの一人で、毎年恒例のムズムズが止まりません>_<‼
花粉症は現代病とも言われていますが、免疫力の低下も大きな原因とされています。
今回は、大切な美容にも関係性の深い免疫力についてのお話です!


免疫力を高めることが健康増進につながるのはもちろんですが、実は他にも意外なメリットがあります。美容にも高い効果を発揮するんです。免疫系の主役は血液中の白血球やリンパ球です。

免疫力が高まりこれらの働きが良くなると、血行が改善され、リンパの流れが良くなります。すると、体に溜まっていた老廃物の排出が促され、荒れた肌や髪がツヤを取り戻すのに役立ちます。さらに、新陳代謝が高まることで脂肪が燃焼しやすくなり、太りにくく痩せやすい、ダイエットに適した体を手にいれることが出来ます。

また、腸内環境を整えることが免疫力を高めるための大きなポイントでもあるんです!
お通じが良くなり、栄養分が効率よく吸収されて、体の内側から美しくなることが出来ます!

免疫力は加齢によって低下していきますから、逆に言えば免疫力を高めることが老化を防ぎ、アンチエイジング効果が表れることになります。年齢によって現れるシワやシミ、くすみなどが薄くなり、年齢より若く見えるようにもなるでしょう(^-^)/

ダイエットでも、間違えた食事制限らで体重を減らすために食事のカロリーを抑え、それによって必要な栄養素までが足りなくなってしまうことがあるからです。
美しさは健康から。免疫力アップで、美容と健康の両方を手に入れましょう。

免疫力をアップ

★質の良い睡眠をとる

★適度な運動を行う

★適度の飲酒を心がける

★爪をもむ

手の指の爪の生えぎわの角をもむ(人差し指と親指で生えぎわの角を10秒から20秒、少々痛いくらいにつまむ)と、リンパ球をふやして副交感神経が優位になり、血行が促進され免疫力が高まるといわれています。

★免疫力を高める10個の食材

・緑茶
・唐辛子
・ショウガ
・ブルーベリー
・シナモン
・サツマイモ
・トマト
・イチジク
・キノコ類
・ザクロ

などがあります!
日常の生活から免疫力を高めて綺麗に健康的な体創りをしていきましょう。

PAGE TOPPAGE TOP

from新館

「基礎体温で体のリズムを知ろう」

新館 カウンセラー   長屋かほり

長屋かほり

皆さんこんにちは、ヘアケア館の長屋です。
体温が1度上がると、基礎代謝が13%アップ、免疫力が30%アップすると言われます。
美容と健康にとても重要な体温ですが、皆さん最近体温測りましたか?
病院へ行った時や、風邪をひいて熱っぽいな~なんていう時にしか測らなかったりしますよね。美容トラブルが続いたり体の調子が優れなかったりするのは、体の冷えやホルモンバランスが崩れているからかもしれません。

おすすめしたいのが、基礎体温を測って、上手に自分の体と付き合っていく事です。実は私、もう2年近く毎朝体温を測り、基礎体温をグラフにしています。基礎体温とは、体の動きが1番安静な状態にある時の体温のことです。早朝目を覚ましたら、動かずにそのままベットの中で検温します。毎日同じ時間帯に、舌下奥の中央のスジの所で測ります。起き上がって動いたり、飲食してはいけません。健康な女性の基礎体温をグラフにすると、体温の低い時期(低温相)と高い時期(高温相)の二相曲線が描かれます。このパターンは月経・排卵など女性の性周期にしたがって繰り返されます。

1、月経が始まる頃体温は低くなる
2、月経が終わってもしばらく低温相が続く
3、排卵期を過ぎると高温相に入る
4、次の月経が始まる頃から体温は低くなる乳房痛・腰痛・腹痛・便秘・イライラ・うつ・疲労感・神経過敏・肌荒れ・ニキビなど、月経前症候群の症状は高温相で起こります。

また、低温相が続き、月経がやけに少なかったり、月に2回くるなどは、無排卵周期になっているかもしれません。基礎体温をつけると、色々な体のリズムが見えてきます。生理前の肌荒れには、食事のバランスを見直してみたり、イライラする時にはハーブティーで温まりリラックスするなど、ぜひ美容と健康のために役立ててみて下さい。

PAGE TOPPAGE TOP

→ 2016年9月

  夏の疲れを残さない為にしておきたい事
  美顔本館 カウンセラー 鈴浦雅子
  1週間で美脚に!簡単脚痩せダイエット
  ボディ館 カウンセラー 小松崎薫
  新館

PAGE TOPPAGE TOP